上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.21 to be or not to be
この前始まったばかりなのに、北京五輪もあと3日で終わりですね。

ソフトボールは有終の美。やっぱりソフトと野球が五輪からなくなるのは寂しいですね。

それにしても中国の110mハードル劉翔選手。やっぱり中国国内では、非難も揚がってるようですね。NIKEをはじめ、この五輪に向け多くの広告に起用されていたのは知ってましたが、アテネ五輪金メダリストとしてテレビ番組にも引っ張りだこだったみたいです。結果、怪我で棄権。

ただ単に怪我をして棄権したことに対して非難が揚がっているのではなく、やっぱり経過の問題が大きい。きっと「五輪連覇に向けてシャットアウト!」という状況の中でのこの結果なら、誰も批判することもなかったはずです。現に女子マラソンの野口選手・土佐選手を批判する日本人はほぼ皆無。

地元開催ということもあり、プロのアスリートとしては稼ぎ時だったことは間違いありません。が、注目されればされるほど、結果が大事になってくる、難しさを感じます。五輪競技が注目されるのは、基本的に4年に1度なので、その一瞬でその後4年間、はたまた人生が大きく変わってしまう。やっぱりこの舞台に立つことそして勝つことは並大抵のことではありません。劉選手のニュースを見て、改めて北島選手の凄さを感じました。


金曜日の明日から週末にかけて、ちょっとしたバケーションを過ごしてきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/234-f28c095a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。