上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京五輪。五輪といえど、やっぱり米国人はバスケなどのチームスポーツへの関心は高いみたいですが、競泳・陸上・体操は、五輪競技の花形種目です。

その中でもやっぱり8冠を目指すMichael Phelpsへの注目度は高い。

TV放送もオンラインでもCMを出しているのは、ほぼ100%IOCもしくはUSOCのスポンサー企業ですが、そのCMにもPhelps選手が起用されているものは多いです。

昨日は400IMを世界新で1冠。このレースは見逃しましたが、NBC Olympics.comのオンデマンドでチェックです。

今日は200Frで決勝進出。そして4x100FRを世界新で2冠目。本当に8冠しそうな空気が漂ってきました。楽しみです。

しかし今日放送されていた種目は、僅差のレースが多かった。女子400Frも男子4x100FRも100分の1秒単位の争いで、見ているこっちも力が入ります。しかし米国リレーのアンカーだったJason Lezakのスプリットは驚異的。まさか100Frの前世界記録保持者Alain Bernardとあった半身差を逆転してくるとは予想もしませんでした。レース中、解説のRowdy Gaines氏の「これは抜けないだろう。」という言葉も覆してしまいました。が、彼はいつもリレーでのパフォーマンスは凄いので、個人種目でどれくらいやってくれるのかにも注目です。

それからクライアントのひとりChristine Magnuson選手は女子100Flyで銀メダル獲得!リレーも楽しみになってきました。

が、今日はなんと言っても北島康介選手!!

本当に絵に描いたような完璧なレースで鳥肌が立ちました。あれだけマスコミにも注目され、でもそれすらも自分の力に変えてしまうような彼の精神力の強さに脱帽です。米国の放送では、未だにHansen選手とのライバル対決という報道でしたが、泳ぎ云々だけではなくオリンピアンとしての力の差は歴然だったように感じます。4年前は、ドルフィンキック云々で米国にはいちゃもん付けられましたが、ルールも変わり、今回は世界新記録での完璧な勝利に、米国の関係者も完全に黙らせた感がありました。4位に沈んだHansen選手。レース直後のインタビュー、北京五輪後のキャリアについての質問に「こんな形では終われない。」と競技生活続行の意思を明らかにしていました。また4年間頑張ってくれることでしょう。

米国内の放送なので、さすがに北島選手のインタビューは聞けませんでしたが、何故か彼の表彰式は放送されたので、日の丸を拝むことも出来ました。やっぱり五輪の金メダルは格別ですね。200mでもやってくれることでしょう。

北島選手、そして関係者の皆様、2連覇&世界新記録、本当におめでとうございます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/227-362a912e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。