上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.04 just .03
1ヶ月前に選考会を終え、五輪を目前に控えたこの時期に全国規模の大会を開催するというのも、米国水泳の凄いところです。

土曜日までMinneapolisで行われていたUS Open。あと一歩で五輪を逃した選手たちも出場していて、五輪を前に再び層の厚さを感じさせられます。

中でも男子100m背泳ぎのNick Thoman選手。

選考会では53秒台後半で6位。北京へは行けなかったこの選手が、52.92で泳いでます。選考会でAaron Peirsol選手が出した52.89の世界記録までわずか0.03秒。これを選考会で出していれば・・・、という感じですが、そううまくは行きませんね。

Thoman選手を含め、米国背泳ぎ陣にはスピードのある若い選手が多いので、北京以降この種目はまた大幅に世界のレベルが上がるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/222-a55ca3de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。