上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.12 pictures from omaha
もう金曜日。怒涛のようにまた一週間が過ぎ去りました。

先々週の月曜日からそのまま選考会に突入し、休みなく今日まで働いてたので本当に久々の完全オフです。今週末はのんびりしたいところですね。とは言うものの、日本帰国に向けてしなければならないことも盛りだくさんです・・・。

ここ3週間ほどは、ほぼ競泳漬け(自分では泳いでませんが・・・)の日々だったので、他のスポーツ情報もキャッチアップしないといけないな、と感じます。やり始めるとひとつのことに集中するのは、自分自身の長所でもありますが、没頭しすぎて視野を狭めないように注意しなければと思います。とは言っても、オマハでもEURO2008、ウィンブルドン、それから陸上の選考会辺りは気になるのでチェックしてました。

さてせっかく写真も撮ってきたので、いくつか載せときます。

LZR
あの水着も展示されていました。やっぱりLZR率は半端なく高い試合でした。ただ日本でも報道されたかと思いますが、NZのblueseventy(山本化学工業が生地を提供した)が現場でのゲリラ的プロモーション、口コミ、そして最も大事な結果が伴い、大会後半は率が上がっていた印象を受けました。某五輪代表コーチと夕食を共にしたとき、「20年ぶりに自分で水着を買った」と言っていました。blueseventyの水着を購入し、何名かの選手に着させたようです。理由は「実際に試す機会は今しかない」からだったそうです。確かに試着とは言っても、練習で着るのと緊迫したレースで着るのとでは全く違います。その話を聞いて、LZRの試着会となっていたJapan Openの決勝で、もう少し国内3社の改良版を試着するチャンスがあればよかったのになぁ、と個人的には感じました。

でも選手の精神面を考えると、とりあえず現時点で世界最高の水着であるLZRの着用許可が降りたということの方が大きいですね。きっと代表選手のあの試合でのモチベーションは、それだけだったと思いますし。ただ米国の選手たちは、水着に関する質問を毎日受け、さすがに嫌気がさしているようでした。

Men's100final
男子100m自由形決勝。このレースは面白かった。やっぱり米国の自由形短距離はレベルが高い!それとエージェントはメディア用のパスで会場に入っていたので、報道陣の席でレースも非常に見やすかったです。

horse
所変わってオマハのダウンタウン。オールド・マーケットと呼ばれるエリアはレンガ造りの建物と道路で統一され、古きよきアメリカという雰囲気でした。オープンカフェやレストランも多くて、この雰囲気は結構お気に入りです。大都市から来た人たちの評判もよかったですよ。ちなみに写真は馬に乗ったおまわりさんです。

ghj
五輪3連覇の夢は破れてしまったこの方ですが、レース後の人だかり。この人気はさすがです。ロビーに現れたときに、その場にいた全ての人たちに暖かい拍手で迎えれる光景を見て、胸が熱くなりました。

credential
最後は記念に。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/210-ef78e5c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。