上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日、USOC(米国オリンピック委員会)がHPをリニューアルしました。

事前にプレスリリースでも報告され、一方的な情報提供ではなく、ファンとのやりとりが出来るWeb2.0的なサイトになるとの報告で期待していました。が、予定されているトップ選手のブログはまだアップされておらずコミュニティの方も殺風景で、まだ七部咲きといったところでしょうか。

昨年、USA Gymnastics(体操), USA Swimming(水泳), USA Track & Field(陸上)がWasserman Media Groupというエージェンシーと提携し、それぞれのウェブサイトのリニューアル作業に取り掛かっているという話がありましたが、それもまだ目にしていません。USA Swimmingのマーケティングシンポジウムに参加したときも、ソーシャルネットワーキングサイトの要素を取り入れたサイトを作るという話も聞いていたので期待してはいるのですが・・・。

オンラインでファンとのやりとりが出来ることによって、多くの情報を集めることは可能になりますが、大きなリスクが伴うのも事実ですね。インターネットを利用したマーケティングでは、リスクマネジメントの部分がとても重要だと感じます。

いろんな意味で、USOCとその管轄組織のウェブマーケティングの行方には興味津々です。

USOC: teamusa.org
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/199-14bd5193
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。