上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.11 super aguri
ようやく長い一週間が終わって一息。

海に出かけてみるものの、波がなく、サーフィンは断念。さすがにここまで波のない日はどうしようもないです。毎週末、多少の波が来ることを祈るしかないですね。

さて、今週はF1からスーパーアグリが撤退という残念なニュースがありました。F1というかモータースポーツ全般それほど詳しくありませんが、スーパーアグリというチームが発足した背景やその後の動きなど気になって調べてみると、興味深いことがたくさんあります。

ハッキリ言ってしまえば、そもそもこのチームは2006年シーズン、ホンダのシートを失った佐藤琢磨選手のために(事実上ホンダの2ndチームとして)作られたということ。佐藤選手を失うことによる日本市場におけるF1自体の人気低下を危惧した打開策だったようです。全然知りませんでしたが、他チーム提供の車体は使用できないというレギュレーションに対して、すれすれなことも行われていたそうです。

プライベートチームとして設立されたスーパーアグリは、結局資金調達の難航で撤退となってしまいましたが、独立リーグ経営やマイナースポーツリーグの経営などにも似た部分があると思います。スーパーアグリの撤退、そして佐藤琢磨のシートがなくなったことによる日本でのF1人気低下は間逃れないでしょう。「親会社」というバックボーンを持たないプロスポーツチーム経営の本質をついた問題のようで、この失敗から学ぶべきことは多いような気がします。全て先ほどチラッと読んだ受け売りの内容で、僕自身ハッキリと状況を把握しきれていないので、もっと詳しく調べてみようと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/187-0faea944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。