上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.17 tokyo tower
今更読んだ、リリー・フランキー氏の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(扶柔社)。

僕も大学から親元を離れたけど、離れてみて初めてわかる親の偉大さってあります。親孝行って、なんだろうって考えました。自分と重なる部分もあって、感情移入しちゃいました。

読みながらどうなってたかは、ご想像におまかせします。。。

映画版とかも見たくなりました。

まだ読んでない人は、是非読んでみてください。泣けます。
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/16-128be418
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。