上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.21 sports agent
スポーツエージェントの仕事で最初に思い浮かぶのは、やっぱりプロスポーツ選手の契約交渉。

日本の2大プロスポーツ、野球とサッカー両方で選手契約の揉めごとが取り沙汰されてますね。パウエル投手と福岡ソフトバンク・オリックスの二重契約問題。そして日本サッカー協会から1年間の出場停止処分を受けた菊地選手とドイツのクラブとの違反契約問題。

どちらも少なからず代理人の認識不足が影響していると思います。

プロとして契約交渉を行う代理人には、関わる全ての法律そしてリーグ及び組織の規則に関してきちんと理解し、それに則った行動をしなければいけないという責任があることを改めて感じました。どんな仕事でも、仕事を任されている以上はプロフェッショナルでなければならないと思いますが、特に注目度も高いプロ選手の代理人という仕事は、非常にデリケートなものです。ちょっとした認識不足が、選手の競技生活に大きな支障をも与えかねないわけですから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/130-5b09c713
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。