上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.18 break the record
2008年も早1ヵ月半。五輪イヤーの競泳界の動きは激しいです。

先週末にミズーリ州で行われたUSグランプリではKatie Hoff選手(米国)が400m自由形で世界新記録に0.07秒まで迫る全米新記録。破ったのはJanet Evansの1988年の記録。そしてKirsty Coventry選手(ジンバブエ)が200m背泳ぎで世界新記録。破ったのはKrisztina Egerszegi(ハンガリー)の1991年の記録。これは2番目に古い世界記録だったようです。それからNatalie Coughlin選手(米国)も100m背泳ぎで自身の世界記録を更新。

更にオーストラリアでは、Eamon Sullivan選手が50m自由形で21"56の世界新記録。従来の記録はAlex Popov(ロシア)の21"64でした。世界最速を競うこの競技での新記録は文字通り「世界最速」を意味します。しかし昨年までの記録が22秒台の選手が、一気にここまで記録を上げるとは・・・。

それにしてもさすがは、五輪イヤー。各選手ともトレーニング中とはいえ、記録は出ています。正直、この時期長水路での世界記録には驚きです。日本の選手たちも例年に比べ、やはり五輪イヤーの今年の仕上がりはいいみたいですね。4年に一度、きっと気持ちの持ち方が、変わるんでしょうね。

我らがGary Hall Jr.選手はその良い例です。早大時代の先輩Tさんもそうでした。4年に一度、必ず仕上げてくる。しかも五輪の決勝で最高のパフォーマンスをする。そのGaryもミズーリに行ってました。今日、本人と話す機会がありましたが、選考会まで4ヶ月の現段階では、なかなかいい感じで泳げていたようです。

日本では今週末に短水路のジャパンオープン。そして北京五輪選考会も、いよいよ2ヵ月後。北京を狙う各選手の最高のパフォーマンスを期待しています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sportsaddicted.blog117.fc2.com/tb.php/127-51e5d553
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。