上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.25 the games are over!
北京五輪が終わりました。やっぱりオリンピックの影響力は凄い。是非とも2016年東京五輪を実現させて欲しいものです。

大会終盤、女子ソフトボールの金メダルは見事でしたが、個人的には陸上男子4x100mリレーの銅メダルに刺激を受けました。黒人が席巻する陸上スプリント種目での日本の銅メダルは、とてもインパクトがありました。そしてスプリント種目における黒人選手の台頭は、きっと競泳にも起こってくるに違いありません。

USA SwimmingではUSA Swimming Foundationという独自の財団を持っていて、水泳というスポーツを広めるため様々な草の根活動を行っています。特に「Make A Splash!」というプログラムがこの草の根活動のシンボルで、水中事故発生率の高いマイノリティ(主に黒人やヒスパニック)の子供たちに対して、水泳教室を開き水泳というスポーツに触れさせるというものです。このことに関しては、以前SBOレポートに詳しく書いたので、ここでは細かく触れませんが、こうした活動を通してアメリカも黒人競泳選手をどんどん輩出していくことでしょう。

黒人選手といえば、箱根駅伝や実業団ニューイヤー駅伝のような人気イベントを抱えるロードレースでは、日本でもよく見かけます。米国の大学(主にDivIの強豪校)では、外国人選手を擁して強化することも多々あります。北京五輪女子400mIMに出場した春口選手は昨シーズンのNCAAチャンピオンだし、男子50mFrに勝ったブラジルのCielo Filho選手も昨シーズンでオーバン大学を卒業し、北京まで米国でトレーニングしていました。米国の大学出身の欧州やアフリカの有力選手も少なくありません。ある意味、米国は国際大会での敵をも育てていることになります。

こういうことが出来るのは、アメフトやバスケを中心に、大学スポーツがビジネスとして大きく成功していて、有力選手に対して奨学金を与えることが出来るという資金的な背景があると思います。そういう部分を含め、クリアしなければならないことは多いですが、日本の大学でも特にスプリント種目ではある程度のレベルの外国人選手を入れることで、レベルアップに繋がるんじゃないかと個人的には思います。言うは易しですが・・・。

The Race Clubというチームは、そういう点で画期的なクラブだと思います。国籍は関係なく、トップレベルの選手たちが集まって、一流のコーチを雇う。コーチの指導はもちろんですが、選手同士が刺激を与え合って、お互いに向上していく。結果、北京ではMichael Phelps選手の8冠阻止に迫ったMike Cavic選手のような選手を輩出しました。

こんなクラブが日本にも出来たら面白い。
スポンサーサイト
2008.08.21 to be or not to be
この前始まったばかりなのに、北京五輪もあと3日で終わりですね。

ソフトボールは有終の美。やっぱりソフトと野球が五輪からなくなるのは寂しいですね。

それにしても中国の110mハードル劉翔選手。やっぱり中国国内では、非難も揚がってるようですね。NIKEをはじめ、この五輪に向け多くの広告に起用されていたのは知ってましたが、アテネ五輪金メダリストとしてテレビ番組にも引っ張りだこだったみたいです。結果、怪我で棄権。

ただ単に怪我をして棄権したことに対して非難が揚がっているのではなく、やっぱり経過の問題が大きい。きっと「五輪連覇に向けてシャットアウト!」という状況の中でのこの結果なら、誰も批判することもなかったはずです。現に女子マラソンの野口選手・土佐選手を批判する日本人はほぼ皆無。

地元開催ということもあり、プロのアスリートとしては稼ぎ時だったことは間違いありません。が、注目されればされるほど、結果が大事になってくる、難しさを感じます。五輪競技が注目されるのは、基本的に4年に1度なので、その一瞬でその後4年間、はたまた人生が大きく変わってしまう。やっぱりこの舞台に立つことそして勝つことは並大抵のことではありません。劉選手のニュースを見て、改めて北島選手の凄さを感じました。


金曜日の明日から週末にかけて、ちょっとしたバケーションを過ごしてきます。
2008.08.19 workin' on my own
ハリケーンは直撃せず、とりあえず一安心。雨はありませんでしたが、風は凄かったです。海の上の雲は動きが速く、これがハリケーンになったら本当に凄いんだろうなぁという感じです。

1ヵ月後にマイアミを去るまで、ハリケーンが来ないことを祈ります。

同僚インターンだったTrevorがルイビルに戻り、上の2人はまだ北京にいるため、オフィスはひとり。寂しい限りですが、自分のプロジェクトに集中できるチャンスなので、時間をうまく使おうと思います。
フロリダ1年半にして、遂にハリケーンがやってきました。

とはいえ、カテゴリー1程度のハリケーンが来るはずだったんですが、キューバから北上中にトロピカルストームに勢力ダウンしたようです。でもやっぱり凄い暴風雨。普段は人で溢れあえっているリンカーンロードも、今日はトーンダウン。このストーム、明日が山場みたいです。怖い怖い。

そうそう、土曜日に再びドルフィンスタジアムへ行ってきました。今回はマーリンズのリハビリセンターでAT(アスレティックトレーナー)として働いているISUの先輩Mさんにチケットを頂き、一緒に観戦。席も良く、ゲームも面白く、そして相手がシカゴ・カブスということで福留選手も見ることが出来、大満足でした。

fkdm
打席に立つ福留選手。このあとレフト前に見事なヒット。

mtreaner
試合前にMさんと言葉を交わすTreanor選手。奥さんはビーチバレー米国代表のMisty May-Treanor選手。五輪二連覇に向け、北京で頑張ってます。
本当に8冠を達成してしまった。Michael Phelps選手には脱帽です。

100mFlyでは、セルビアのMilorad Cavic選手がPhelps選手の夢を打ち砕いたかに見えましたが、ラスト数センチでの逆転。神業です。

世界新記録こそ逃しましたが、このレースは間違いなく今大会のハイライトでしょう。

しかし日本人選手も競泳最後の2日間で2つの銅メダルを獲得。中村礼子選手、男子4x100mMRメンバーの泳ぎは素晴らしかった。その中でもやっぱり後輩の藤井選手の活躍には感動しました。100mFlyも決勝に残って最後まで闘ったし、リレーでもPhelps選手に次ぐスプリットタイムで銅メダルに大きく貢献しました。

本格的にバタフライを始めたのは昨秋とのことですが、後半の速さは2年前のインカレでのリレースプリットで既に見せ始めていました。今年の五輪選考会までそれを温めてきたのも、本人とコーチの戦略だったのでしょうか。いずれにしてもPhelps選手の背中が見える位置まで来たのは確かです。こうなると4年後を期待してしまいます。

まだ北京五輪は続きますが、ひとまず競泳関係者の皆様、お疲れ様でした。
北京五輪、競泳競技はいよいよあと3日。

さて、ここまで毎日分刻みのスケジュールをこなし、人間離れしたタフさを見せているPhelps選手ですが、その源は食にあるようです。一般人に1日に必要なカロリーは2000kcalと言われますが、彼は1日12000kcalほど摂取しているようです。あれだけ泳いだら、食欲も出なそうなものですが、そこを食べてこそのあのスタミナなんですね。恐れ入ります。

Phelps選手は200mIMも世界新で勝ち6冠。いよいよあと2つです。

でも100mFlyは大学時代の後輩である藤井選手とThe Race ClubのMilorad Cavic選手(セルビア)にも頑張ってもらいたい。Cavic選手は欧州選手権で、ちょっとした騒ぎも起こしましたが、予選・準決勝とトップ通過。決勝でPhelps選手をどこまで追い込めるか注目です。

そして決勝ラインが21秒7と以上にレベルの高い50mFrは、もちろんクライアントのBen Wildman-Tobriner選手に頑張ってもらいたいところ。でも昨シーズンNCAAチャンピオンのCesar Cielo選手(ブラジル)がとても調子良さそうです。もちろん世界記録保持者のEamon Sullivan選手(豪州)とフランスの2選手もこのままでは終わらないでしょう。

現在、日本と世界との差が大きい男子自由形短距離ですが、マイアミに来てからこの種目がとても身近に感じられるようになりました。やっぱりこの種目は迫力もあって、面白いです。日本に帰ってから、自分が指導することは出来ませんが、いずれ違った形で少しでもここの強化に協力したいですね。
強い。北島選手はやっぱり強い。

五輪の大舞台で力を出し切るのは、僕なんかには想像も出来ないくらい難しいことだと思いますが、それをいとも簡単にやってのける。勝負へのこだわりと記録への貪欲さ。テレビの画面で見ていても、レース前の彼は、なにかオーラのようなものがあって、いちファンとして安心して見てられました。

2種目での2連覇。有無を言わせず、世界史上最高のBreaststrokerですね。

しかし北京五輪競泳、レベルが高い。男子100mFrはもちろん、女子200mFlyの中国人選手の世界新記録には驚かされました。人類の限界はどこにあるんだろうか・・・。
Michael Phelps。今日の200mFlyと4x200mFRで5冠。しかもここまで全て世界新記録。

でも200mFlyのレース後、ちょっと不満そうでした。

1分52秒を割れなかったのが相当悔しかったのかと思ってましたが、インタビューを聞いていたら、ゴーグルに水が入って最後はほとんど見えなかったようです。とは言っても世界新記録。

このアクシデントがなければ、もっと凄いタイムを出せたという自信もあったみたいです。あのレベルでまだ伸びしろがある。本当に恐ろしい。

Phelpsは異次元を行っていますが、日本の松田丈志選手も驚異的なアジア新記録で銅メダル。素晴らしいレースでした。

五輪を通じて色んな議論点も挙がってきますが、大学院のSports Governance(スポーツ統治論)で学んだ部分。これも面白い部分ですね。
北京五輪。五輪といえど、やっぱり米国人はバスケなどのチームスポーツへの関心は高いみたいですが、競泳・陸上・体操は、五輪競技の花形種目です。

その中でもやっぱり8冠を目指すMichael Phelpsへの注目度は高い。

TV放送もオンラインでもCMを出しているのは、ほぼ100%IOCもしくはUSOCのスポンサー企業ですが、そのCMにもPhelps選手が起用されているものは多いです。

昨日は400IMを世界新で1冠。このレースは見逃しましたが、NBC Olympics.comのオンデマンドでチェックです。

今日は200Frで決勝進出。そして4x100FRを世界新で2冠目。本当に8冠しそうな空気が漂ってきました。楽しみです。

しかし今日放送されていた種目は、僅差のレースが多かった。女子400Frも男子4x100FRも100分の1秒単位の争いで、見ているこっちも力が入ります。しかし米国リレーのアンカーだったJason Lezakのスプリットは驚異的。まさか100Frの前世界記録保持者Alain Bernardとあった半身差を逆転してくるとは予想もしませんでした。レース中、解説のRowdy Gaines氏の「これは抜けないだろう。」という言葉も覆してしまいました。が、彼はいつもリレーでのパフォーマンスは凄いので、個人種目でどれくらいやってくれるのかにも注目です。

それからクライアントのひとりChristine Magnuson選手は女子100Flyで銀メダル獲得!リレーも楽しみになってきました。

が、今日はなんと言っても北島康介選手!!

本当に絵に描いたような完璧なレースで鳥肌が立ちました。あれだけマスコミにも注目され、でもそれすらも自分の力に変えてしまうような彼の精神力の強さに脱帽です。米国の放送では、未だにHansen選手とのライバル対決という報道でしたが、泳ぎ云々だけではなくオリンピアンとしての力の差は歴然だったように感じます。4年前は、ドルフィンキック云々で米国にはいちゃもん付けられましたが、ルールも変わり、今回は世界新記録での完璧な勝利に、米国の関係者も完全に黙らせた感がありました。4位に沈んだHansen選手。レース直後のインタビュー、北京五輪後のキャリアについての質問に「こんな形では終われない。」と競技生活続行の意思を明らかにしていました。また4年間頑張ってくれることでしょう。

米国内の放送なので、さすがに北島選手のインタビューは聞けませんでしたが、何故か彼の表彰式は放送されたので、日の丸を拝むことも出来ました。やっぱり五輪の金メダルは格別ですね。200mでもやってくれることでしょう。

北島選手、そして関係者の皆様、2連覇&世界新記録、本当におめでとうございます。
2008.08.11 nfl preseason game
昨日からいよいよ競技も始まり、週末だったし五輪を楽しんでいます。

が、実は昨晩は、Miami Dolphins(NFL)のプレシーズンマッチのチケットを手に入れ、再びDolphin Stadiumへ観に行ってました。まだ練習とサバイバルの一環なのでガチンコ勝負ではありませんが、帰国前に叶えておきたいと思っていた初めてのNFL観戦が実現し、満足です。ゲームはもちろん、オーディションを勝ち抜いてきたチアリーダーもやっぱり凄い!

明日にでも写真をアップしておきましょう。
2008.08.08 opening ceremony
遂に北京五輪開幕してしまいましたね。

開会式を初めてしっかりと見ました。なんでも今回の北京ではこの開会式に前回のアテネの4000万ドル(約44億円)から大幅アップの3億ドル(約330億円)費やしたとのことだったので期待してました。1万5000人のパフォーマーを使ったショーは、見応え充分でしたね。最後まで見るつもりはなかったのですが、いつの間にやら最後まで見てしまいました。満足です。

しかしここまで来ると、次の大会実行委員はプレッシャーですね。2010年バンクーバー、2012年ロンドンと、またどんな開会式で観客を楽しませるのか、これも楽しみです。

いずれにしても、あの映像を見て、いよいよ始まったという実感が湧いてきました。

競技ももう始まっているので、とても楽しみです。事務所のクライアントと日本選手団には頑張って欲しいと思います。が、やっぱり一緒に練習していた後輩たちの活躍に期待してます。
2008.08.08 from beijing
「From Beijing」とは言ったものの、僕自身は北京には行ってません。

昨日北京入りしたボスからSkypeで通話があり、ちょっと話しました。つい2日前まで同じオフィスにいた人が地球の裏側にいるのは、やっぱり不思議な感じです。

一人で現地入りしたボスは、もちろん通訳なんて付いているわけもなく、漢字だらけで全く英語が通じない状況にかなりカルチャーショックを受けているようです。ただ市内全てがオリンピック一色で、凄い雰囲気だそうです。でも話を聞くだけだと、やっぱり想像には限界があります。

一度、自分でもその雰囲気を経験してみたい。

いよいよあと数時間で北京五輪開幕ですね。
2008.08.06 bowling
今日は仕事の後、1年半ぶりぐらいでボーリングしてきました。

仕事疲れのせいか、制球力がなく、撃沈。

Gary Hall Jr.と一緒にやったんですが、あのデカい身体でどんな破壊力のある投球をするのかと思ったら、意外にもコースを狙った慎重な投球で、破壊力は全くありませんでした。それなのにちゃんとピンを倒してくるので、笑えました。人は見かけによらないもんです。

彼は選手としては北京五輪に出場することは出来ませんでしたが、他の仕事が目白押しで、結局北京で忙しい日々を送ることになります。スケジュールを埋めるのは、マネージャーの重要な仕事です。
2008.08.04 just .03
1ヶ月前に選考会を終え、五輪を目前に控えたこの時期に全国規模の大会を開催するというのも、米国水泳の凄いところです。

土曜日までMinneapolisで行われていたUS Open。あと一歩で五輪を逃した選手たちも出場していて、五輪を前に再び層の厚さを感じさせられます。

中でも男子100m背泳ぎのNick Thoman選手。

選考会では53秒台後半で6位。北京へは行けなかったこの選手が、52.92で泳いでます。選考会でAaron Peirsol選手が出した52.89の世界記録までわずか0.03秒。これを選考会で出していれば・・・、という感じですが、そううまくは行きませんね。

Thoman選手を含め、米国背泳ぎ陣にはスピードのある若い選手が多いので、北京以降この種目はまた大幅に世界のレベルが上がるんじゃないかと思います。
2008.08.03 suite box
昨日、Dolphin Stadiumへ行ってきました。

Bob Beamon氏のアテンドとは言ったものの、別に仕事も何もなかったので普通にゲーム観戦しに行ったという感じ。Beamon氏とは、挨拶はしたものの、込み入った話をするたいみんぐがありませんでした・・・。残念。

beamon
始球式を行うBeamon氏。

まぁ気を取り直して試合観戦。席はスイートボックス。大学院の施設管理のクラスで、RCAドームとコンセコフィールドハウス、それに去年トロピカーナフィールドのスイートには入りましたが、試合観戦は初めてです。

ケータリングサービスもあって、貸切の部屋は広々していて「野球を観ている」という感じではありません。やっぱり企業クライアントなどの接待に使ったり、パーティーに使うところなんですね。野球はあくまでもエンターテイメントの一部という感じでした。スイートルームには、年間契約している企業名のプレートが貼ってありますが、どうやら全室売り切れている訳ではなく、僕らが使用した部屋はDolphin Stadium所有で試合ごとの貸し出しをしているようです。今年からマイアミ大学のフットボールもホームの試合はこのスタジアムを使用するので、NFLのMiami DolphinsとMarlinsと合わせ3つのテナントを持つことになります。これだけ使用頻度も高ければ、スタジアム価値も上がると思うのですがスイートの売れ行き、(なぜか)ネーミングライツがないところを見ると、なかなか苦労しているようです。

さてスイートの雰囲気はある程度満喫したので、一緒に行ったTrevorと、途中一般席に降りて観戦。こっちの方がやっぱり「球場に来た!」という気分になりました。

同じ球場でも、その楽しみ方も色々あるんだなぁということを身を持って実感したゲームでした。

suite
スイートルームのシート。
2008.08.01 one of our clients
いよいよ8月に突入。暑さもMAXです。外に出ただけで汗が吹き出します・・・。

つい先日このブログで五輪の注目度について書きましたが、北京五輪開幕まで1週間に迫った今日、Michael Phelps選手の記事がUSA Todayの一面を飾っていました。NBCが放映時間を操作したのも、やっぱり彼の歴史的瞬間(1大会7冠以上)を全米に放映することが大きな目的のようです。

明日は土曜日。週末ですが、クライアントのBob Beamon氏がFlorida Marlinsの始球式をすることになって、アテンドさせてもらうことになりました。Beamon氏は1968年のメキシコシティ五輪の陸上・走り幅跳びで8m90という、驚異的な記録で優勝した方です。この記録は40年経った現在も五輪記録として残っています。

というわけで、試合観戦はもちろんですが、彼に会うのも楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。