上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.29 from omaha
昨日無事オマハに到着しました。

しかし到着後、買出しに行っていたところ、物凄い突風と雹の嵐に襲われ焦りました・・・。竜巻のようなものが目の前を通過したときは、どうなることかと思いました・・・。

とりあえず無事にここまで来て、クライアントの選手たちとも会い、また多くの方と会う機会が得られ、良い時間を過ごしています。

ただ、昨日の突風で選考会会場のQwest Centerの屋根の一部が剥がれ、昨晩の練習はキャンセルになるハプニングも起きてます。作業員の夜通しの復旧作業でなんとか今日の練習には支障をきたさず行われました。

hail
オマハを襲った雹

qwest
破損したQwest Centerの屋根

いよいよ明日から選考会。水着問題もあり、日本のメディアも注目しているようですが、やはりクライアントの選手たちが良い成績を残してくれることを期待したいですね。

また時間とネット環境があるときに更新します。
スポンサーサイト
2008.06.25 crazy week
ご無沙汰しておりました。

気付けば1週間以上、更新していませんでした。さすがに五輪選考会を前にして、事務所内もピリピリし始め、仕事に追われております。気付けば明後日にはもうオマハです。その前に片付けなければならない仕事の山・・・。明日も大変そうです。

先週はネット状況が悪く、そして週末は来客あり、家ではほぼPCに触ることすらありませんでした。ただインディアナとサンフランシスコからの来客と共に、有意義な時間が過ごせました。やっぱりマイアミは遊びに来るとこですね。住んでるとそんな実感はないけど・・・。

いずれにしても明後日からオマハ!

なんとかブログ更新できるとよいのですが、はてさて・・・。
更新が滞り本当に申し訳ありません。先週は色々あり、書きたかったことも多かったのですが、ネットの環境が頗る悪く不本意にも更新できませんでした。現在7:50PM、オフィスから更新中です。

先週の水曜日は、Gary Hall Jr.のThe Race ClubでMedia Dayを開催し、記者とテレビカメラが集まりました。僕もそれに参加するため初めて彼らの本拠地であるFlorida Keysへ!

暖かい気候はもちろん、ちゃっかり泳がしてもらいましたが、水がとてもきれいで良いプールでした。世界中から集まったスプリンターのチームなので、さすがにみんなデカイ。写真が手元にないので載せられませんが、また改めて載せます。トレーニングも継続的に見ているわけではないので、なんとも言えませんが、ドリル練習だけ見ててもユニークで面白かったです。ミシガン大学移籍で話題のMike Bottomコーチですが、感覚を大事にするコーチなんだろうと思います。なによりこのチームの面白いところは、自分が練習で学んだことを選手みんなで情報としてシェアして試していくこと。ある意味、トップスイマーたちのスプリント研究所のようでもあります。

夜はパーティーにもしっかり参加し、米国人だけでなく世界各国の代表となる選手たちとも色々話が出来てとても良い時間を過ごせました。今週からぼちぼち選手たちは、自分の国に戻り調整して、北京に臨むようです。米国人選手はもちろんもう2週間ここで調整です。

再結成はまだいつになるか未定のようですが、まずはこのチームに所属している選手たちの健闘を祈ります。

改めて、写真は改めて掲載します。
最近なんだか頭が冴えない。

色々と悩むこともあるけど、まぁ自分の悩みなんて小さなもんだと思うので、オンとオフの切り替えをしっかりしようと思います。あまり考えすぎず、気楽に構えよう。
2008.06.09 national team
結局スピード水着は着用できる方向みたいですね。もう正式発表されたのでしょうか。

ジャパンオープンでの結果を受けて、日本では本当に社会現象にもなっているようですが、選手の立場からすれば、やっぱり良い物を着たいのは当然だと思います。日水連も五輪での結果第一ですから、複雑ではありますが、同じ気持ちでしょう。日水連と契約している3社の立場は非常に厳しいですね。

ただやっぱり、五輪決勝の舞台で世界各国の選手が同じ水着を着ているのも奇妙なものです。個人的には、日本代表選手が世界を相手に闘うのと同様に、日本のブランドが世界と闘う舞台でもあって欲しいという気持ちもあります。ここまで結論を引っ張ったがために、社会現象にまでなってしまったというのも事実ではないでしょうか。

選手には勝って欲しい。でも国内ブランドも世界の舞台に立って欲しい。

結局、このままいけば、3社が我慢を強いられることになりますが、この3社もただ単に開発競争に負けた訳ではなく、「日本代表が勝つためだけ」に我慢し、またチームの一員として闘っているのだということを忘れてはいけないと思います。
Japan Openはなんだか凄いことになりましたね。また北京が楽しみになりました。

最近、TVを見てて五輪が近づいていることを実感します。

北京五輪の放映権を所有するNBCがコマーシャルを流すのは当然ですが、五輪有望選手を起用したCM、特に五輪オフィシャルパートナーの企業CMをよく目にします。その中でもやっぱり一番目に付くのは、競泳選手を使ったCM。と言っても、マイケル・フェルプス選手だけですが・・・。

億単位のスポンサーも数社ついているフェルプス選手ですが、TVコマーシャルに出るというのは、やっぱりそれだけ認知度が高いということ。特にスポーツ専門チャンネルESPNだけでなく、様々なチャンネルでCMを見るのでそれだけ幅広い層に知られていると言うことでしょう。現在流れている(自分で実際に見た)フェルプス選手を起用したCMはVisaとPowerBar。Visaは五輪オフィシャルパートナーなので、おそらく北京五輪米国代表で最も認知度が高いと思われるフェルプス選手を起用するのは当然の流れなのかもしれません。PowerBarの方は、五輪スポンサーになるほどの資金力はないのかもしれませんが、彼のような有名選手を五輪の時期に合わせてCM起用することによって、広く認知度・好感度を高める努力をしています。

全国放送でのTVコマーシャルに出ている競泳選手は、アメリカでも(確認している限りでは)フェルプス選手だけということからも、プロリーグのないスポーツの選手は広告へのイメージ利用などだけでお金を得ることは難しいです。その代わりに、スポンサー企業の商品プロモーションに関わることが、プロとしてやっていく手段といえるでしょう。ここには無限の可能性がありますから。そしてそこにマーケティングのプロとしてのエージェントの存在価値があるのだと思います。

さて最後にMichael Phelps選手のPowerBarのCM映像です。

2008.06.06 japan open
競泳ジャパンオープン。

代表選手がスピード社製水着で日本記録ラッシュですか。この時期に選考会よりも速いタイムで泳いでいるので、やっぱりあの水着は凄いんですね。国内3社の改良水着での結果がとても気になりますが、そちらはどうなっているのでしょうか。

いずれにしても、代表選手が北京で最高のパフォーマンスが出来る状態が整ってくれればと思います。

米国でも選考会まで1ヶ月弱となった今週末は、選考会開催地オマハを含め各地で長水路の試合が行われています。今週は数箇所に分かれている選手たちが集う6月29日からの選考会は、やっぱり楽しみですね。

で、怒涛のようにまた1週間が過ぎ去り、週末です。また2日間、英気を養おうと思います。
先週の金曜日、USOC(米国オリンピック委員会)がHPをリニューアルしました。

事前にプレスリリースでも報告され、一方的な情報提供ではなく、ファンとのやりとりが出来るWeb2.0的なサイトになるとの報告で期待していました。が、予定されているトップ選手のブログはまだアップされておらずコミュニティの方も殺風景で、まだ七部咲きといったところでしょうか。

昨年、USA Gymnastics(体操), USA Swimming(水泳), USA Track & Field(陸上)がWasserman Media Groupというエージェンシーと提携し、それぞれのウェブサイトのリニューアル作業に取り掛かっているという話がありましたが、それもまだ目にしていません。USA Swimmingのマーケティングシンポジウムに参加したときも、ソーシャルネットワーキングサイトの要素を取り入れたサイトを作るという話も聞いていたので期待してはいるのですが・・・。

オンラインでファンとのやりとりが出来ることによって、多くの情報を集めることは可能になりますが、大きなリスクが伴うのも事実ですね。インターネットを利用したマーケティングでは、リスクマネジメントの部分がとても重要だと感じます。

いろんな意味で、USOCとその管轄組織のウェブマーケティングの行方には興味津々です。

USOC: teamusa.org
6月も早速昨日は更新できず・・・。

サボったわけではなく、ネットの調子が悪かっただけです・・・。今夜も遅くなってしまったので軽く。

激戦が続いていた米国民主党代表がバラック・オバマ氏に決定。まだまだ人種差別問題はなくならない米国なので、暗殺を懸念する声もありますが、黒人初の大統領が生まれるか、注目です。

さてそれから、米国への入国、日本を含めこれまでは短期旅行・商用ではビザ免除を受けていた国の渡航者も出発前の申請が必要になるそうです。来年1月からこれが実施されるとか。

実際、9.11の同時多発テロが起こった2001年以前はほとんど海外旅行する機会なんてなかったので、今のセキュリティーが普通のものに感じてますが、グローバル化に伴って渡航者への警戒も重要になっていきますね。時間もかかるし嫌ですが、実際しっかりチェックしてくれないと不安になるのも事実です。時間はもちろん大切ですが、やっぱり旅行者にとっては安全なのが一番だし。

なので、こうしてセキュリティーが厳しくなっていくのも、時代の流れとして受け止めていくしかないのかもしれないですね・・・。
2008.06.01 four months left...
気がつけばもう6月。ここに来て半年以上が経ってしまいました。残すところ4ヶ月・・・。

そして、随分とまたご無沙汰してしまいました。

先週は珍しくストレスも溜まり、疲れが出た感じです。そんなこんなでブログの更新頻度もだいぶ落ち込んでしまいましたね・・・。

でも週末のんびりして、また回復しました。ここでの生活も着々と終わりに近づいてきているので、しっかりやっていかなければと思います。5月はサボりがちだったので、6月はブログもしっかり更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。