上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.28 the price
連休明け、久々の仕事に疲れ、昨夜は早々に寝てしまいました。

一ヶ月前から、またガソリンの値段が急騰。本日5月28日現在のフロリダ州でのレギュラー平均価格は$3.944/ガロン。と言っても、高いか安いかよくわかりませんよね。ちょうど$1.00/リットルくらいです。

日本でもまた急騰しているそうなので、これを聞くと「安い!」と思うかもしれません。確かに日本と比べれば安いのは事実ですが、数年前からの値上がりは異常です。僕が渡米した2005年当時は1ガロン$2.00を大きく切っていたと思います。2年前の2006年でもまだ$2.00前後だった気がします。そして1年前には$3.00前後。それが遂に$4.00間近。

着々と価格は上がっています。それでもガソリンが必要な車社会アメリカです。出費はもちろん、環境のためにも、出来るだけ節約しなければと思います。

アメリカでもそんな状況なので、日本に帰ったら、当分車には乗れないですね・・・。
スポンサーサイト
Memorial Day Weekendの3連休。なんだか久々にのんびり出来ました。

土曜日は車で1時間ほどのWest Palm Beachへ。ウォーターパークで遊んできました。規模もそこそこ大きく楽しめました。最近は華氏90度(32℃くらい)の暑さが続き、さすがに込んでいましたが・・・。更に帰りはフロリダ特有のトロピカルストームに襲われ、視界があまりにも悪くやむを得ず車待機の時間もありました。が、そんなのも時が経てば、楽しい思い出になることでしょう。

土曜日に頑張りすぎたせいか、日曜日はあまり体調も優れず、ビーチバレーの誘いも断り、ちょっと買出しに行っただけ。夕方には体調も回復し、ごろごろしながらのんびり映画鑑賞。

そして今日はビーチへ。デカい波がやってきていたのでサーフィン日和でした。初心者の自分には少しデカ過ぎる波でしたが、パドリングの手間も省け楽しめました。でも、まだまだ練習が必要です・・・。

とまぁ、相変わらず黒人で溢れているMiamiですが、僕もMemorial Day Weekendを有意義に過ごすことが出来ました。仕事以外にも色々と考えなければならないこともあるので、明日からまたしっかりやっていこうと思います。

weekend1 weekend2
2008.05.23 hip hop weekend
今日は黒人の方々で溢れかえっているマイアミビーチ・・・。

今週末は「Hip Hop Weekend」で、毎年この週末はマイアミのクラブというクラブに大物ヒップホップアーティストが集まり、イベントを開催するらしいです。驚くべきことに、毎年なんと黒人だけで20万人がこのイベントに参加するためマイアミにやってくるそうです。

本場のヒップホップ。きっと羨ましいと思う人も多いでしょうが、僕自身そこまで熱心なヒップホップファンではないので、残念です。

そして毎年トラブルも多いようで、マイアミビーチ市警だけではなく、マイアミ・デード郡のパトカーも大量配備され、なかなか外に出づらい状況になってます。世間はMemorial Day Weekendということで、僕らも月曜休みをもらったので、今週末はマイアミ脱出計画中です。

hip hop weekend
2008.05.22 omaha trip
job
Omahaへの出陣日程がようやく決まりました。

当初の予定より長くなりそうです。選考会開幕前にOmahaに入り、元世界記録保持者・五輪金メダリストMatt Biondi氏のアシスタントマネージャーをする予定です。仕事はもちろん、試合観戦や挨拶回りと色々楽しみながら、今後に繋がる経験が出来ればいいなぁと思います。

もう選考会まで1ヶ月ですね・・・。
ここ2週間、過去最低のブログ更新頻度ですね・・・。

少しずつUS Olympic Trialも近づいています。しかしアメリカは選考会前でも試合が多い。どの試合に出て調整していくかも、選手間の駆け引きのような気がします。特に今回は水着の件もあるし。

しかし驚きなのは、選考会まで1ヶ月を切った6月頭に同じ会場(Quest Center/Omaha, NE)で試合があること。多目的アリーナであるQuest Center内に仮設プールを入れての選考会なので、その試乗運転試合であることは間違いないですが、それも全米規模でやってしまう辺りがアメリカの凄いところです。ここでも選手の駆け引きがありそうですね。

そしてこれは毎度のことですが、五輪本大会1ヶ月前の選考会。日本人である僕からすれば大きな疑問もありますが、アメリカ国内でもやっぱり賛否両論あるみたいです。メリットは直前に代表を決めれば大きく調子を落とすことやけが人が出ることに対してのリスクが減ること。デメリットは、充分な調整が行えないこと。どっちもどっちですが、8月・9月に五輪が行われるなら、やっぱり3月・4月に選考会をやった方が、選手にとってはやりやすいのではないでしょうか。
2008.05.19 freshman
週末明け。

週末に新しいインターンTrevorがケンタッキー州ルイビルからやって来ました。16時間のドライブ後、土曜日はうちに泊まり、昨日自分のアパートへ入居。そして今日からお仕事です。さすがに厳選されただけあって優秀且つさわやか。絡みやすい奴でよかったです。

ルイビル大学では学生スポーツライターをやっている物書き。そしてここでは広報関連のサマーインターン。英語の文章表現も色々学ばせてもらえそうです。

とりあえず新しい週。新鮮な風も流れ、気持ちも新たに楽しみましょう。
今週はブログの更新がままなりませんでした。その間に米国水泳業界はエラいことになってます。

今週、Speedoのライバル会社であるTYR(米国でのマーケットシェアはおそらく第3位)がそのSpeedoの親会社、USA Swimming、USA SwimmingのヘッドコーチであるMark Schubert氏、そしてErik Vendt選手を訴え、それをキャッチしたLA Timesの報道と共に一気にこのニュースが広がりました。

ことの発端はやはり例の水着。日本では「独占禁止法違反の疑い」という点だけが報道されていますが(もちろんこれが根源的な問題部分ではありますが)、それはSpeedo社に対しての提訴部分であって、実際にはもっと複雑なようです。エンドースメント(契約選手などが商品を推奨すること)の部分が大きく関わっています。

LA Times紙によれば、簡潔に訳すとTYR社の訴えは「Speedo、USA Swimming及びSchubert氏が選手と競合他社間の関係を排除するため、それら他社製品を不当に蔑むような一連の運動を行った。」ということです。まぁこれを一言で言ってしまえば、「独占禁止法違反の疑い」となるのかもしれません。ただ、「一連の運動」という部分がポイントのようです。

そもそもSpeedo社はUSA Swimmingを全面的に支援していて、かなり強力な関係があるのは確かです。それに加え、USA SwimmingのヘッドコーチであるSchubert氏が「Speedoの水着を着ることによって2%のアドバンテージがある。」と発言したこと、更に選考会ではSpeedoの水着を着ることを選手に指示しているということ。米国水泳界には絶大な影響力のある組織、そして人物がある特定の一社を推薦するということは、市場の観点から考えると公平性に欠けるということです。Schubert氏はSpeedo社の裏スポークスパーソンだという憶測にも触れています。もしもこれが本当だとすればまた大騒ぎですが、ただPRという観点で考えるとSpeedo社のスポークスパーソンとしての立場で推薦するよりは、USA Swimmingのヘッドコーチという立場で推薦する方が信憑性が高いのは言うまでもありません。

今日のNY Times紙の記事に掲載されていたTYR社弁護士のコメントの中にこんな一文がありました。

“The issue of whose product is better should be resolved by an independent and neutral party ― the athletes in the pool.”(製品の優劣は独立した公平な立場の人間が下すべきだ。つまり実際に戦う選手たちのことである。)

このコメント、実際にSpeedoの水着でかなりの結果が出ているので少し違和感も感じますが、ただTYRが言いたいことは「組織ぐるみで一社を持ち上げすぎるな」ということだと思います。しかし裏を返せば、それだけ影響力のある組織・人間には、企業側はお金を注ぎ込む価値があるということです。もちろん結果が伴わなければ、ここまで話題にはなりませんが・・・。

ここまでが大きな提訴のポイントで、Vendt選手に関しては、TYRの契約選手であるにもかかわらず、今年1月Speedoの水着を着てレースに出たという契約違反に対しての訴えでした。ただ、この話は他にも可能性があって、NY Timesの記事にも掲載されていたので書いてしまいますが、Nike社と契約している世界記録保持者Aaron PeirsolとBrendan HansenがSpeedoのLZR Racerの試着を行っているとのことです。

今回の一件で、米国水泳は軽く内紛が勃発しています。ぶっちゃけた話、Speedoの水着が(現時点で)一番速いことは証明されているので、五輪での結果第一で考えたら、Schubert氏の動きは当然のものだと思います。競合他社も訴えるだけじゃなくてSpeedoの水着は素直に認め、企業努力に徹するのが五輪の結果に結びつくと思います。しかしそこはアメリカ。ビジネスはビジネスという考えでしょうか・・・。その点、五輪での結果第一に考える日本の企業は大人に感じます。

とにかくこの問題、ちょっと目が離せません。

*オンラインで提訴状も発見したので、興味のある方はどうぞ。→TYR提訴状
2008.05.14 recent tasks
job
気がつけば水曜日。また2日間更新を怠ってしまった・・・。

以前と比べ明らかに仕事量が増え、必然的にオフィスにいる時間も長くなっています。でも裏を返せば、それだけ仕事を回してもらえるだけの信頼を得てきたということでしょうか。そうポジティブに捉え、ひとつひとつ与えられる仕事の数を増やしていきたいところです。限られた時間の中で、少しでも多くのことを経験して学びたいですからね。

最近主に取り組んでいることは、クライアント(アスリート)の各種マーケティング資料の作成。代理業ではどんな仕事でも同じですが、まずは「クライアントのことをよく知る」ことが重要だと改めて感じます。そのための調査・分析は怠れません。リクルートに関わっているならともかく、ほとんど予備知識ゼロの状態からのスタートなので、この部分に最も時間がかかります。

クライアントのことをよく理解した上で、初めてマーケティングのアイデアも出てきます。ここは頭を使う部分ですが、自分が好きな分野でもあります。クライアントの特性を見極め、マーケットとの調整を図る。まだまだ経験が浅いので難しいですが、マーケティングの醍醐味を味わっています。
うーん。週末ってなんでこうも早く過ぎ去って行くのでしょうか。

まぁ、週末のある生活を送れているだけ幸せだとは思いますが・・・。

今日も波の気配すらなく、日曜日の夕暮れと共に黄昏てました。

アメリカの大学は春学期が終わり、1年間の区切りです。そろそろ新しいインターンも来るので、明日からまた頑張ろうと思います。
2008.05.11 super aguri
ようやく長い一週間が終わって一息。

海に出かけてみるものの、波がなく、サーフィンは断念。さすがにここまで波のない日はどうしようもないです。毎週末、多少の波が来ることを祈るしかないですね。

さて、今週はF1からスーパーアグリが撤退という残念なニュースがありました。F1というかモータースポーツ全般それほど詳しくありませんが、スーパーアグリというチームが発足した背景やその後の動きなど気になって調べてみると、興味深いことがたくさんあります。

ハッキリ言ってしまえば、そもそもこのチームは2006年シーズン、ホンダのシートを失った佐藤琢磨選手のために(事実上ホンダの2ndチームとして)作られたということ。佐藤選手を失うことによる日本市場におけるF1自体の人気低下を危惧した打開策だったようです。全然知りませんでしたが、他チーム提供の車体は使用できないというレギュレーションに対して、すれすれなことも行われていたそうです。

プライベートチームとして設立されたスーパーアグリは、結局資金調達の難航で撤退となってしまいましたが、独立リーグ経営やマイナースポーツリーグの経営などにも似た部分があると思います。スーパーアグリの撤退、そして佐藤琢磨のシートがなくなったことによる日本でのF1人気低下は間逃れないでしょう。「親会社」というバックボーンを持たないプロスポーツチーム経営の本質をついた問題のようで、この失敗から学ぶべきことは多いような気がします。全て先ほどチラッと読んだ受け売りの内容で、僕自身ハッキリと状況を把握しきれていないので、もっと詳しく調べてみようと思います。
2008.05.08 3 months to beijing
job
北京五輪開幕までちょうど3ヶ月になりました。

今週は自分に回ってくる仕事も多く、帰宅時間も遅くなります。さすが五輪間近という感じです。マイアミは日も長いので、平日でも仕事のあとに海に行こうと思っていたのですが、今週はそれどころじゃありません。まぁとりあえずこれは週末の楽しみですね。

さて、スポーツビジネスオンライン(SBOレポート)に新しい自分の記事が掲載されましたので、またリンクしておきます。最新のSBOレポートは無料閲覧が出来るので、ご興味ある方はどうぞ。http://www.sportsbusiness-online.com/sbo/main.do
今日はひとこと。

国際マーケティングはなかなか難しい・・・。
2008.05.06 olympic venues
僕自身は北京には行きませんが、上司のために競技会場やホテルなどの位置を確認しました。

会場は北京のど真ん中というわけではないんですね。天安門広場を中心に、5つの環状線が平行して走っているようですが、主な会場はその3つ目と4つ目の環状線内に位置しているようです。選手村は更に外側でした。

やっぱり大都市のど真ん中に、巨大施設を建設するのはなかなか大変だと思います。どのオリンピック会場もど真ん中から少し外れた所に位置しているのでしょうか。

よくよく考えると実際に見たことがあるオリンピックの会場といえば、モントリオールでは時間もお金もなく見逃したので、国立競技場と代々木オリンピック公園だけです。そう考えると1964年東京五輪の会場は、凄い所に位置してますね。勉強不足であまり詳しくは知りませんが、2016年東京五輪招致に向け、晴海に新スタジアムを建設する計画と神宮エリアの施設を建て替える計画(間違ってたらすいません)があるという記事を以前目にしました。アクセスの良さを考えれば、ど真ん中の神宮エリアは良い気もするけど、冷静に人の流れというものを考えると、ゾッとします・・・。

一筋縄ではいかないオリンピックによる都市開発。色々と深いものがありますね。

さて、水着の件も動きがあったようですが。さぁどうなることでしょう。
2008.05.05 cinco de mayo
Cinco De Mayo・・・なんのこっちゃって感じですが、スペイン語で5月5日という意味です。

日本では端午の節句な5月5日。鯉のぼりが舞い、男の子がいる家庭では、鎧兜が飾られていることでしょう。そんな5月5日。メキシコ人にとっても大切な日なんだそうです。

アメリカでは、5月5日がメキシコの独立記念日だという人が多いそうですが、本当の独立記念日は9月16日で5月5日はメキシコ軍が初めてフランス軍を破った日だとか。それがアメリカでは意訳され、独立記念日みたいになったようです。

でも、それも遥か昔1862年のこと。現代に残っているのは、お祭り騒ぎだけ。

月曜なのに、リンカーンロードは、酔っ払いで溢れてました・・・。
2008.05.04 catch the wave
ここへ来て5ヶ月。そして残り5ヶ月。

今更という気もしますが、ボスからちょっとしたボーナス?をもらったので、サーフボードを入手し、サーフィンを始めました!日本での経験は、波のない夏の湘南の海でちょろっと・・・ですが、マイアミビーチで本格デビューです!丘サーファーにならないよう、しっかり練習します。

昨日、今日とどっぷり海に浸かってきました。サウスビーチの波は小さいと言われますが、初心者の僕にとっては程よいサイズで、いい練習が出来てます。なにしろビーチまで2ブロックなので、ここでやらない手はないですよね。5ヶ月間、行こうと思えば毎日でもいけるので、楽しみつつしっかり上達したいと思います。

surfboard
2008.05.03 keep talkin'
金曜の夜ですが、今夜は飲みに行く相手もいなかったので、何人かの友達と電話。

計4時間くらい。ちょっとしゃべり過ぎた・・・。

まぁ普段は業務連絡以外ほとんど電話使わない人なので、たまにはこんなのもありです。みんな色々考えてるなーと改めて感じます。人の話を聞いて、人生観を知るのは面白いし、ためになります。色んなアイデアも出てくるし!

一度しかない人生、悔いなく生きたいものです。
2008.05.01 may
時間が経つのが恐ろしく早い・・・。

もう5月ですね。日本はGWでしょうか?

マイアミでの生活も残り5ヶ月程度となってしまいました。でもまだ5ヶ月あるので、新たな趣味を始めようと思います。乞うご期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。