上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はDolphin Stadiumにて、New York Yankees-Florida MarlinsのSpring Trainingの最終戦を観戦。

marlins1


Dolphin Stadiumはその名の通りNFL・Miami Dolphinsの本拠地です。このDolphin StadiumをMLBシーズン中は野球使用にしてMarlinsが使っています。元々フットボールスタジアムなので、野球観戦には少し奇妙な感覚です。しかしこれもシーズンが被らないNFLとMLBのチームだから出来ることではないでしょうか。

しかし高さ17mx幅43mのHDスクリーンと球場を360°カバーする世界最長642mのHDディスプレイは圧巻でした。スタジアムのオーナーは、これらを含めた大型改修工事で3億ドル(およそ300億円)ほどの費用を費やしたようです。

marlins2  marlins6


今年度からは、マイアミ大学のフットボールが伝統のOrange Bowlを去り、Dolphin Stadiumで試合をすることが決まっています。それを受けて、Orange Bowlの跡地にMarlinsの新スタジアムを建設することが昨年12月に可決されました。この件に関しては、混沌としていますが、どうなることでしょうか。


さて試合の方ですが、開幕直前ということもあり、両チームともフルメンバー。Yankeesは松井選手が8番バッターという恐ろしい打線でした。が、松井選手を含め主力は不発気味。代わって出てきた若手の方が元気でした。

marlins4


そして昨年お世話になってた事務所のクライアントも投げてたので、しっかりチェック。松井選手との対戦もありましたが、打者3人完璧に抑えてました。素晴らしい。

marlins5


それにしても、Yankeesのマーケットの大きさは凄まじいです。地域密着という言葉が聞かれて久しい今日この頃ですが、YankeesやRed Soxのマーケットはやはり別格。特にレギュラーシーズン中にYankeesを観ることが出来ないマイアミなので、一層それが感じられました。

marlins3


さて、いよいよMLBもシーズン開幕ですね。
スポンサーサイト
2008.03.28 21-28
間もなくElite8が出揃うところで、巷ではカレッジバスケが盛り上がってますが、野球もいよいよシーズンイン。MLBのBoston-Oakland戦も含め日本では既に開幕してますが、米国内でも開幕が近づいてきました。

が、まだオープン戦が行われてます。

シーズン中には見れないカードをやってます。

そして、今日、明日とNY YankeesがMiamiに来てFlorida Marlinsと試合してます。

で、昨日、友達と話してたら、明日の午後はオフだというので、急遽チケットをゲット!

開幕直前のYankeesを拝んでこようと思います。しっかり松井選手の結婚祝いをしてこようと思います。


話は変わりますが、それにしても、豪州のEamon Sullivan選手。21秒28って・・・。次元を超えつつある彼のこの世界新記録で、さすがに我が事務所内にも衝撃が走りました。更にNCAAではブラジルのCesar Ceilo選手が50ヤードの全米記録。米国では50m自由形は代表争いから既に厳しい戦いですが、これを勝ち抜いて辿り着いた北京には、役者が揃ってます。そのスタート台にクライアントの両選手(Gary Hall Jr.とBen Wildman-Tobriner)が立っていて欲しいのは言うまでもありません。

五輪は記録より勝負。選考会から既にそうですが、やはり4年に一度、独特の雰囲気です。勝つためには実力だけではなく、強靭な精神力が必要です。その点で、Garyにはやはり期待してしまいます。

米国代表選考会まであと3ヶ月!!
世界各地で新記録が連発し、SPEEDO社製の水着に調査が入るなんてことが話題になってます。

しかし水着だけでそこまで記録が変わるものなんでしょうか。確かに自分の経験として、水着の進化に伴って、泳ぐ感覚が変わったというのは事実です。0.01秒を競うスポーツなので、もちろんメーカー各社は選手が少しでも速く泳げるよう研究開発しているわけですが、それだけで記録がそんなに変わるなら本当に凄い技術だと思います。

これだけ記録が出てくると、みんなSPEEDOの水着を着たくなる。そうするとSPEEDOの水着が売れる。

競合他社との差異を生むのは、基本的には技術力とマーケティングだと思います。普通の商品の場合、技術力とマーケティングは別物と考えられる気がしますが、スポーツブランドの場合、この2つが密接に関わっている気がします。各社がトップレベルの選手と契約するのは、この技術力を証明するためでもあり、彼らの知名度を使ったマーケティング活動の一環でもあるわけです。この2つが噛み合えば、確実にブランド価値が上がっていくのではないでしょうか。

競泳水着ブランドの世界的なマーケットシェアを見れば、SPEEDOが圧倒的に大きいのは明らかです。世界記録が連発して大きく騒がれているのは、主に豪州と欧州。契約上、SPEEDOの水着がトップスイマーに流通されない日本や、NIKEが数名のトップスイマーを抱える米国で、五輪に向けこれからどれくらい記録が出るか。

気になるところです。
今日は寒くなると聞いてたので構えてたんですが、普通に暖かかったです。完全に季節感がありません。中南米にいったらもっと凄いのかな。そのうち行ってみたいです。

今日はSabirがマイアミ大学のスポーツマーケティングのクラスで講義をすることになってたので、一緒に付いて行って来ました。久しぶりの授業風景。大学のキャンパスにいると、まだなんとなく落ち着きます。やっぱりまだまだ自分は学生に毛が生えただけって感じです。いつになれば一人前になれるのやら・・・。

ちなみに彼の話は、普段事務所でやっていることや見ていることなんですが、改めて説明を聞くと「なるほど」と思うこともあり、またひとつ勉強になりました。しかし何のリハーサルも無く、アドリブであれだけ話せるのは流石です。英語ではとてもじゃないですが、せめて日本語ならあれくらい出来るように、見習いたいと思います。

Yoさん、お邪魔しました。
2008.03.24 world record again
普段はほぼ毎日書いているのに、ここ最近ブログをサボりがちで心配されている方もいるようなので、しっかりと更新していこうと思います!

週末は雨模様でしたが、昨日の朝は晴れてたので、しっかりビーチバレーしてきました。なんか皆うまくなってきて、楽しくなってきました。しかし週を追うごとに、どんどん自分の肌の色が濃くなってるのがわかります。

さてさてそんなことはともかく、先月8年ぶりに破られた男子50m自由形の世界記録がまたしても破られました。今度はヨーロッパ選手権でフランスの選手。しかもこの選手、100mでも世界新。新たな選手が出てくるたびに疑うのもどうかと思いますが、急激にタイムを伸ばすとやはりドーピングの噂が立つのも事実。4年前に比べ、短距離種目で異常なほどに記録が出ているので、五輪に向けていろんな意味で目が離せません。
2008.03.23 cheers!
またしても2日間サボってしまいました。

金曜は友達に誘われバーへ。

昨日は別の友達の兄貴の誕生日でケグパーティー。

Clearwaterにいた時は全くと言っていいほど友達がいませんでしたが、ここは若い人も多くオープンな人が多いので友達も結構出来ます。そんなこんなでClearwaterではほとんど飲まなかったお酒も、最近は徐々に増えつつあります。お金もないし、のんだくれにはなりませんが、アメリカにいれるのも後6ヶ月。楽しい時間を過ごさなければと思う今日この頃。
さっき、仕事を終えて車に向かっていたら、自分の車の前に2人のポリスが・・・。

ナンバープレートをチェックし、どうやら今まさに駐禁チケットを切ろうとしている模様。

ちょっと小走りで行って、対応。でも普通に対応したら、間違いなくチケット切られるので、英語がよくわからないガイジンのふりをしてみました。

「これ僕の車。今出る。」みたいなことを言うと、「ここに止めるときは駐車券を買わなきゃだめだ。」と言われるも、きょとんとした顔をしてみる。そしたら「英語わかるか?」と聞かれるので「少し。」と答える。

そしたら「君のこのステッカーはこのエリアでは使えないから、駐車券を買わないとだめだ。」と言われる。で、片言で「引っ越したばかりでわからなかった。」的なことを言ったら、「次回から気をつけるように。」と言われ、奇跡的に駐禁チケット回避出来ました。

僕の不注意だったので、誇れることではありませんが、外国人で得することもたまにはあるもんですね。ただ、次回からはこういうことのないように、しっかり注意しようと思います・・・。
2008.03.19 update
クライアントのこととか書きたいことも色々あるのですが、最近帰ってきてPC開いてブログを更新するのに労力が要ります・・・。日本語でのメールのやり取りも、返信が遅れがち。これはいけませんね・・・。

今日のブログはとりあえず、更新したということで。

睡眠はとらないとダメなので、とりあえず、しっかり寝ようと思います。それではまた明日。
2008.03.17 green day
週末明け、気を取り直してお仕事です。

ところで今日は、Green Day。ビリー・ジョーではありません。

今日はSt. Patrick Dayというアイルランド人のお祭り的な日。街行く人々は、みんなシンボルカラーの緑を身にまとっていました。そんなGreen Dayなわけでしたが、イベントのオブザベーションに向かうSabir(黒人)と僕(アジア人)は、アイリッシュを微塵も感じさせない風貌なので、緑なんてお構いなし。アイリッシュパブの半額ビールだけは気になりましたが。

そんな中、オブザベーションで向かった先はドラッグストアのWALGREEN!

St. Patrick DayにGreenという響き。ハッとしましたが、ヘルスケアのイベントが行われていた特別仕様バスは、見事なまでに、真っ赤でした・・・。こちらも緑なんて全くお構いなし・・・。
2008.03.16 just like summer
久々にビーチバレーしてきました。

今日は天気も最高で、3月なのに真夏のようでした。まさにSpring Break日和です。

おかげで身体が真っ黒焦げ。先週結構焼けたので、その上に更に黒さが乗っかって、きっと今日本に帰ったら浮くと思います。まぁこんな生活が出来るのも今のうちなので、充分に楽しんでおこうかと。でもしっかりと日焼け予防もしなきゃな。

バレーボールは、今日は初めて会う面子もたくさんいて、だいぶレベルアップ。旅行で来てた親子も飛び入り参加してきたんですが、その息子は何かジュニアの代表候補みたいな選手らしく、素人相手に大人気ないスパイクかましてました。おかげでいい運動になりました。
2008.03.15 weekend
job
ちょっとブログの更新サボってしまいました。

木曜日は、仕事を終え、食事を作って食べたら、急激な睡魔に襲われました。

金曜日は、週末ってことでちょっと飲みに出かけ、帰宅と同時に寝入ってしまいました。

というわけで、ちょっと久々の更新です。

仕事の方はまずまず順調で、少しずつアカウントマネジメントも出来るようになってきました。電話越しに英語での交渉はなかなか大変ですが、これも大きな経験です。残された時間はあと6ヶ月ちょいしかないので、その間に着実にレベルアップしたいところです。

それから、今しか出来ないこと、しっかり考えていかないとなぁ・・・。
2008.03.12 spring breakers
今週からSpring Breakを迎える大学が多く、いよいよシーズンインといった感じがするMiami Beach。

オフィスのあるLincoln Roadも人で溢れてますが、なんと言っても車の数が半端ない。今日、仕事の後、Miamiのダウンタウン方面へ向かっていたら、恐ろしい渋滞に巻き込まれました。帰り道ではハイウェイにちょっとした料金所があって、そこで詰まるという帰省ラッシュ時の日本の高速道路を彷彿させる光景がありました。アメリカに来てからあんな渋滞を見たのは初めて。さすがは3月のMiami。恐るべし。

今週末辺りがピークかと思われますが、これから3週間くらいはこの状況が続くようです。
2008.03.11 take advantage
job
なんだかんだで、やっぱり五輪イヤーにここで働くことが出来てよかった。

しっかりやってれば、いろいろチャンスはありそうです。
2008.03.10 make it happen!
job
仕事をしていく上で、まずはアイデアを出すことは大事ですが、次にそのアイデアをどうやって実現させるかが課題になってきます。

僕が今の事務所に来て、最初に思いついたアイデアが実現しました。直接的にお金を生み出すプロジェクトではありませんが、まずは思いついたことを実現することが出来た、という小さな達成感があります。

某BBマガジン社さんの月刊スイミングマガジン4月号に、様々な人の力を借りて、自分が書いた記事を掲載させていただきました。日本とアメリカでは背景が全く違うので、関係者各位には賛否両論あるかと思いますが、ただ現実に起きていることを書かせていただきました。これから日本がどう変わっていくかはわかりませんが、多くの関係者に読んでいただいて、もしもらえるのであれば意見等もいただけたら嬉しい限りです。というわけで、スイマガ4月号本日発売。興味がある方は是非読んでください!

まずはアイデアをだすこと。そしてイメージすること。それをいかに実現させるか考えること。そして実行すること。このプロセスは、どんなことにも共通します。とりあえずひとつそれが出来たので、この調子でもっと自分のプロジェクトを実現していきたいですね。
mlb
フロリダの春ならではのオフの過ごし方。昨日も書きましたが、Dodgertownへ行ってきました。

ファンにとってスプリングトレーニングのいいところは、なんと言っても選手との距離が近い!シーズン中と比べ、選手もまだリラックスしてるし(当落線上にいる選手は必死ですが)、ファンと話したりしてる選手もいました。そして日本人選手4名のうち、2選手を見ることに成功。

というわけで、今日はいろいろ写真を掲載します。(*営利目的のブログではないので大丈夫だとは思いますが、肖像権を配慮して一応人物名だけは伏せて掲載します。)

まずはDodgertownの入り口。

dtown

ここVero BeachのDodgertownはドジャースがLAに移転する前(60年前)からキャンプ地として利用されてきたそうです。しかし今年を最後に、ドジャースのキャンプ地はアリゾナへと移ることになります。春の間、ドジャースを迎え入れることを誇りにしてきた地元の方々は、複雑な気持ちのようです。ちなみにLAドジャースは今年50周年。


今年NY YankeesからLA Dodgersに来たこの人。

joe


そして今年海を渡った侍。

krd


Red Sox主力のふたり。柵もないしレギュラーシーズンではありえない近さです。

25&34


更にありえない近さです。

mikey


試合中はこんな感じ。

ground

週末の好カードだったこともあり、超満員もいいところでした。入場者数9200名ほど。Holman Stadium(オープン戦が行われるDodgertownのメインスタジアム)の動員数新記録だったようです。MLBの好調ぶりを垣間見た気がします。


さて、仕上げは昨日先発したこの男。

dicek

ゲーム前のブルペン。感動の近さで、迫力の投球を拝むことが出来ました。昨日は初回打たれましたが、今シーズンも頑張ってもらいたいですね。

というわけで、今回はミーハー全快でスプリングトレーニングを満喫してきました。チケットも高くないし、もう一試合くらい見に行ってもバチは当たらないかな。とりあえずここに載せきれない写真もたくさんあるので、近々HPにアップします。
2008.03.09 spring training
mlb
せっかくフロリダにいるので、今日はMLBスプリングトレーニングを観に行ってきました。

LAドジャースの(トレーニング)本拠地Dodgertownでの、レッドソックス戦。先発は松坂投手ということで、K君と興奮。天気も良すぎるくらい良くて、日焼けが凄いです。両軍合わせ4人の日本人がいるとはいえ、日本人スタッフの多さには驚きました。でもそれほど日本人のファンが来ていないことにも驚きました。

LAドジャースのフロリダ州ベロビーチでのスプリングキャンプは、今シーズンで終了ということで、悲しんでいる人たちもいるようです。

ロングドライブと日焼けで、さすがに疲れたので、また明日写真も含め更新します。
2008.03.09 guest
今日、インディアナからK君が遊びに来ました。

明日は二人でDodgerTownに乗り込みます。

スプリングトレーニング!楽しみ楽しみ☆
2008.03.07 just move on
job
上司2人との話の流れで、ちょっと面白いアイデアを思いつきました。

そう簡単には行かないと思いますが、ビザがなくなり時間的なリミットも出来てしまったので、少しでも形にしていけるように頑張りたいところです。とは言っても、まだ7ヶ月。あまり焦らずにやってこうと思います。
2008.03.05 start over
job
昨日の日記は少し重くなってしまいましたが、今日、社長ともう一度しっかり話をして、気持ちの整理が出来ました。アメリカ人でも入るのが難しい業界なので、まぁ欲張っていたといえばそうかもしれませんね。

ビザを取得して、まだまだこっちで僕が頑張っていくことを期待してくださっていた方々、申し訳ありません。残念ながら「ビザ取得!」の報告をすることは出来ませんでした。が、別に全てが終わったわけじゃないので、しっかり現実を受け入れてまた前に進んで行こうと思います。とりあえず9月まではここで働けるわけだし、より積極的に学んでいこうと思います。

閑話休題。

9ヶ月ぶりのインディアナ、楽しんできました。彼女の甥と姪の成長も見れたし、生まれて初めて馬鹿でかいピックアップも運転したし、友達とたくさん話せたし。友達もみんな着々と階段を上っていることを知り、良い刺激になりました。

とりあえず時間がゆっくり流れていくような、久々にのんびりした時間を過ごした気がします。ちなみに僕が行った先週末、なぜかインディアナは驚くほど暖かかったです。

それから書こう書こうと思っていたミッチェルレポートに関する記事を書きました。現在SBOに掲載されているので、興味のある方はチェックしてください!
2008.03.04 broke up
job
昨夜ちょろっと書きましたが、昨日までインディアナに里帰りしてました。

木曜日の夕方に出発したんですが、その前に社長とビザの件で議論しました。というか、軽く揉めました・・・。一応、申請はするチャンスも与えてもらいましたが、今までブログを読んでくださってる方は驚くでしょうが、労働ビザの申請はしない方向で気持ちが固まりつつあります。

仕事内容はとても面白いし、特に五輪イヤーなのでとても勉強になっています。ただ、去年まで社長が一人でやってきた小さい企業なので、現段階での人材選びにはとても慎重になる必要がある。それは大いに理解していました。そして今の段階で、この会社に最も必要な人材に求められる能力は僕には残念ながら備わっていません。その能力とは英語でのセールストーク。

アイデアやリサーチ、そして日本語という点ではアメリカ人が持っていないものを持っているという自信もあります。ただ英語でのコミュニケーションという点だけは、どうあがいてもネイティブには敵いません。そして今、この会社に必要なのはその能力。

というわけで条件付きで申請だけはしてくれる話にはなってますが、このスタンスでは間違いなくビザは取得できないでしょう。というのは、労働ビザを取得するためには、日本人でスポーツマネジメントの学位を取った僕が、何故アメリカ人よりもそのポジションに相応しいのかという合理的な理由を述べなければいけません。当事者の僕ですら、このポジションにはネイティブの方が適してると思うくらいなので、それで移民局を説き伏せるのは至難の業です。かといって、僕のために新たなポジションを設けるほどの成熟企業ではないことも理解しています。これが2-3年先で、社員20人程度の企業になってればまた状況は変わったかもしれません。その点、タイミングもありますね。

とにかく、外国人が海外で働くということがどれだけ大変なことなのか、本当に身をもって体験した気がします。そして実社会のビジネスを身をもって体験できた気がします。これだけでも大きな財産になることでしょう。

すっかり長くなってしまいました。インディアナでの出来事は、別に書きましょう。
とりあえず無事インディアナに行ってマイアミに帰って来ました。

Terre Hauteの皆様ありがとうございました。

やっぱりここがアメリカでの故郷だと感じました。

遅いのでとりあえずご報告まで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。