上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.31 100+ calls
job
1月も終わり。早いですね。五輪と選考会も着々と近づいています。

今日は100件以上電話をかけました。100件もかけるほどなので、ひとつひとつの内容は大したことではないんですが、電話をかけるのも慣れが必要なのでいい練習になってます。
スポンサーサイト
job
今日も一日中PCと格闘。目玉が奥の方から脳を直進して後頭部の方まで繋がってしまったような変な感覚があります。明らかに健康的な状況ではありません。

でも、お陰で今日は生産効率のいい一日でした。

集中すると時間を忘れて入り込んでしまうので、それが良い所でもあり悪い所でもある気がします。でも今日はさすがにこの目の奥の方が訴えていたので、休憩して散歩にも出かけ、リフレッシュ。そして帰宅後は久々の長風呂。これで身も心もリフレッシュ!!

いやー、でも、皆さんも長時間のPC操作には注意しましょう。

久々ですが、Sports Business OnlineSBOレポートに記事を掲載していただきました。次のネタにも取り組み中です。そして更にもうひとつのお仕事にも取り掛かっています。

週末はのんびり出来るかなぁ・・・。
2008.01.30 on & off
job
先週から、上司のSabirとイベントの企画を始めました。

アイデアはたくさん出てきますが、とりあえずは似たようなイベントの市場調査。そして収益予想。こういう地道な作業は僕がすべき仕事なので、コツコツやっています。数字を見すぎて、目眩がしそうですが、プランを立て始める前の段階の調査は非常に大事だと思うので、しっかりやらなきゃです。

溜まっている原稿もあるので、それもしっかりと仕上げないと・・・。

なかなかオンとオフの切り替えが難しい今日この頃。

やるときは集中してやる!休むときは休む!遊ぶときは遊ぶ!

効率よく仕事していくには、この切り替えが肝心ですね。
2008.01.27 wxg
Winter X-Gamesが始まりました。X-Sportsはあまり詳しくないですが、クライアントも参戦してるので、これから目を肥やしていきたいところです。このためボスは今週Coloradoです。現地からの報告によると、Miamiよりも「ちょっとだけ」寒いそうです・・・。

しかしハーフパイプで日本人の青野令選手が話題をさらっています。

解説者も「まだ17歳。これは凄い奴が出てきた!Shaun Whiteを倒すかもしれない!」と大絶賛です。確かに素人目に見ても凄い。日本では五輪ばかりが注目されますが、米国ではTeenを中心にとても人気のあるX-Games。彼の名前は、きっと日本より米国で広く認知されていくことでしょう。
2008.01.26 university of miami
今日は所用でMiami BeachからMiamiのダウンタウンを通り過ぎて10分程の所にあるCoral Gablesという街へ。Coral Gablesと言えば、University of Miamiで有名。ちょっと時間もあったので、大学のキャンパスまで足を伸ばしてみました。

UM1


さすがは一流大学。キャンパスは広大。さすがにPurdueほどではありませんが、IUよりちょっと小さいくらいでしょうか。図書館も広くて綺麗でした。きっと書籍も充実していることでしょう。それからBook Storeには数え切れない種類のU of Mグッズが!さすがはDiv-Iの強豪校!

UM5  UM2


さらに歩いているとちょうど水泳部が試合をしていました。でもU of Miamiの水泳部はTitleIXの影響で男子チームはカットされ女子チームのみです。TitleIXに関しては、説明すると長くなるのでまたの機会に・・・。

UM3  UM4


時間潰しにちょっと寄っただけでしたが、なかなか楽しめました。また今度時間があれば、バスケの試合観戦にでも行きたいと思います。

Coral Gablesのダウンタウン自体は、Indianapolisのダウンタウンと同じくらいでこじんまりとしてますが、綺麗な街並みでした。帰り際、「Dog Race Track」の横でフリーマーケットをやっていたので立ち寄ったところ、ドッグレースも開催中。興味をそそられ、ちょっと見て来ました(見るだけなら無料)。しかし外で「ドッグレース反対!」というデモ隊を見ていたので、複雑な気分でした。どっちにしても初めて生で見て、文化の違いを感じることができました。

しかし今日も暑かった・・・。
2008.01.25 business casual
もう金曜日。今週も一週間が終了。月曜日が休みだったのでやけに早く感じます。

前の事務所はカジュアル・フライデーの金曜以外は、基本ネクタイ着用していましたが、今の事務所はドレスコードが何もありません。たまにボスはトレーニングスーツで来たりもするし、毎日オフィスに犬も来ます。サウスビーチはモデルさんも多くお洒落な街なので、僕もビジネスカジュアルを気取ってますが、最近スニーカー率も高くなってきました・・・。

やっぱスニーカーは楽です。

もともと洋服選びは好きでしたけど、インディアナにいた頃は全くファッションに気を使うこともありませんでした。ほぼ毎日スウェットパンツかジャージ。まるで部活時代のようでした。

そんなこんなで、毎朝コーディネートを考えるのも楽しい今日この頃。
job
これまで平行線を辿っていた労働ビザの申請。ようやく今日、移民弁護士と話が出来て、ミーティングのセットアップも完了しました。

というのも、ネットで調べてはみたものの、やはり素人では何が必要なのかハッキリわかりません。小さな会社なので、もちろんボスも経験したことがなく、平行線を辿ってました。

労働ビザ取得者であるISUの先輩Yさんと昨日電話で話す機会があり、とりあえず可能な限り早めに弁護士とコンタクトを取った方がいいというアドバイスを頂いたので、ようやくボスの重い腰を上げさせ弁護士さんに連絡を取ってもらいました。軽いインタビューを済ませたので、今度は相手のオフィスに行って色々と調整することになりました。ビザの件、ようやく前に進んだ気がします。

米国で労働ビザを取得するには、「なぜこの外国人がこの会社に必要なのか?」ということを証明する必要があります。世界中見渡しても、米国ほど外国人労働者を受け入れている国はありませんが、「外国人を受け入れる=米国人の雇用枠が減る」という状況は国として避けなければいけません。そのために「なぜこの外国人が“米国人を差し置いて”この会社に必要なのか?」ということを示す必要があるようです。

幸い僕の場合、この点、自分の大学院での専攻と仕事内容がピッタリ一致しているので、論理的には証明しやすいと思います。しかし無尽蔵に外国人労働者を受け入れれば、米国人雇用市場にも支障が出るのは明らかです。そのため労働ビザには枠があります。その枠、年間65000件。それプラス大学院卒業枠が20000件あるそうです。

しかし昨年2007年度は、この枠に対して申請開始2日で14万件の応募が殺到し、2日目申請者は抽選になったという話を聞きました。これは米国留学生にとって衝撃的なニュースでした。

つまり今年も初日に申請して、やっと審査を受ける権利を得られるかどうかというところかもしれません。いずれにしても申請しなければ、100%取得出来る可能性が無くなるので、まずは申請初日である4月1日に申請出来るよう準備する必要があります。あとは運に頼るしかありません。

というわけで、ようやく労働ビザ取得プロジェクトも動き始めました。
2008.01.23 losing streak
マイアミにもスポーツのフランチャイズがたくさん。先日行われたカレッジフットボールの「Orange Bowl」とNFLの「Miami Dolphins」それからNBAの「Miami Heat」が有名です。MLBとNHLのチームもあります。

日本でも一番知られている名前はシャキール・オニールとドウェイン・ウェイドの「Miami Heat」でしょう。1988年の創設以来、初優勝を飾った一昨年のシーズン。昨年はウェイド選手のケガもあり低迷。そして今シーズン創立20周年という節目でありながら、ここまで良い所なし。現在14連敗中です・・・。

人気選手がいるにもかかわらず、スタンドもまばらになっています。やはりプロスポーツ、勝たなければお客さんが入らない、厳しい現実でしょうか。

今度、実際に試合を見に行って色々研究して見ようと思います。
2008.01.22 road sign
昨日は所用でマイアミ国際空港まで行ってきました。

車での引越しだったので、空港を訪れるのは初めて。これまた迷路のように広い空港です。

アメリカ国内の空港に来るとよく思うことですが、駐車場の表示がわかりづらい。もう少し丁寧な標識をつくっておいて欲しいものです。空港敷地内に入ってから迷うのは勘弁です。もっと言えば、非常にわかりづらいハイウェイの標識も結構たくさんありますね。

今日から新たな1週間。なんかやけに眠いですが、しっかり休んでしっかり働いてしっかり学ぼうと思います。
2008.01.20 mlk day
暑い暑いと言っていたら、今日は突然涼しくなりました。

明日月曜が「Martin Luther King Day」ということで、今週末は3連休。この間にやっておかなければならないこともあるので、うかうかしてられません。

MLBのスプリングトレーニングのチケットが販売されてます。せっかくフロリダにいるので、1試合ぐらいは見に行きたいですね。
今週はPCに向かっている時間が異常に長く、帰宅後自分のPCを開く機会が減りました。それでここ2日間は、ブログも更新出来ず。

出来ることなら毎日かかさず続けていきたいものですが、なかなか難しい・・・。

それにしても今日は暑い。1月だってことを忘れさせる暑さです。

それとさすがはシーズン。最近観光客が多いです。これから3月のSpring Breakまでは、増える一方でしょう。駐車スペースがなくなるので大変ですが、観光都市としては稼ぎ時です。今週はComedy Central(コメディ専門チャンネル)がComedy Festivalというイベントを行ってました。こういうイベントも絶え間なく行われるようです。モントリオールを思い出します。

2年間インディアナの片田舎で過ごしていたので、時々人の多いこの街に住んでいるというのが、信じられなくなります。でも徐々に知り合いも増えてきて、居心地が良くなってきました。

しかしヒスパニックの多いこの街。みんな英語も話せますが、スペイン語も少しは理解できるようにならなければなぁ、と感じています。

今度は街の雰囲気も写真に撮ってここに載せたいと思います。
job
今週はボスが出張中。

それに伴って、僕もすることが盛りだくさん。日々新しいことを学んでいる実感があります。

それにしてもアメリカは、企業間取引も大変だと思います。何しろ国土が広い!

アメリカ経済の中心はもちろんNYCですが、結構いろんな主要都市に大きな企業の本社も点在しているので、ときにはこういう出張も必要になるみたいです。

移動という点から見ると、東京に各企業の本社が密集している日本国内での取引は、とても効率的に感じます。もちろん現代社会では、ビジネスに国境はなくなっていますが・・・。

でも個人的には、やっぱり人と人との繋がりは、実際に会わなければ生まれないのではないかと感じています。
2008.01.15 the ncaa honors
先週末、NCAA(全米大学スポーツ協会)の優秀選手表彰式がありました。

NCAAに属する全てのスポーツ、全ての大学の選手の中からたった8名のみに与えられる、この名誉ある賞にクライアントのひとりBen Wildman-Tobriner(ベン・ワイルドマン・トブリナー)選手が選ばれ、表彰されました。

昨年はメルボルン世界選手権で50m自由形で優勝し、名門スタンフォード大学を卒業したWildman-Tobriner選手。現在も北京に向けてスタンフォードでトレーニングを続けています。

この賞は、もちろん優れた競技成績を残した選手に与えられるわけですが、それ以外に学業成績や課外活動なども評価の対象となります。プロスポーツとはハッキリとした一線を引くNCAAでは、「競技者はいち選手である前にいち学生である」という基本的な学生スポーツの理念の下、厳正な出場基準を設けています。一定の単位数及び成績をキープし続けなければ、NCAAの試合に参加することすら出来ません。厳しく取り締まる一方で、模範となる選手をこうして表彰しているのです。

「いち選手である前にいち学生である」という基本的な考え方。日本の学生スポーツも、ここは見習うべきところだと思います。
この3年間、正直自分がずーっと関わってきた競泳というスポーツから離れかけていたけど、ここに来てようやくその世界に戻りつつある。

しかし3年という年月は、その響き以上にとても大きいものです。

やっぱり気になることではあったので、自分なりに離れ過ぎないようにチェックはしてきたつもりでしたけど、日々進歩し続けている世界の情報からは大きく遅れている感は否めません。本格的に情報収集するようになって、それを痛感してます。

でも再び自分の好きなことに関われる喜びの方が大きいですかね。
job
最近実感していますが、自分がやりたいことが出来る環境にいるというのは、本当に幸せなことです。人それぞれ価値観は違いますが、これからの社会はお金のためだけに働くのではなく、仕事が「生きがい」になっていく時代です。その「生きがい」を見つけるのが、なかなか大変なわけですが。

大学院の授業では、実社会に(体験として)ほとんど触れることなく勉強してきました。いわゆる机上の空論。もちろんある時点でこういう勉強は必要だと思います。

でも働き始めてから学んでいることは、大学院で受けたどの授業よりもエキサイティングなものです。自分の投げたボールは、何らかの形でまた返ってくる。そこから物凄く多くのことを学ぶことが出来ます。

それから社会に出て自分の専攻分野の仕事を得ると、毎日ゲストスピーカーの話がタダで聞けるようなものです。身の回りのもの全てが、自分にとって良い教材。そして上司の2人が、自分にとってかけがえの無い教授のようなものです。

日々変わる状況の中で起こるあらゆる事柄。そして湧き出てくるアイデア。

しっかりと自分の中に蓄積していこうと思います。

でもこういう経験が出来るのも、大学院での2年間があってのことだという実感もあります。この2年間で得た知識も現在の仕事に充分活かされています。でもやっぱり留学して授業を受けるだけではなく、実際に現場に出ることで得られるものは計り知れません。最終的に日本に帰るまでは、自分にとっては常に留学中という意識を持っています。

一番底にある自分の核となる部分を変える必要は無いけれど、それ以外の部分で変わっていくことはとても面白いことです。変化を恐れず、「生きがい」になるような仕事をしていきたいものです。
2008.01.10 an old picture
今日は暑かった・・・。

やることも増えてきて今週は心身ともに充実してます。

そういえば月曜日、Gary Hall Jr.選手がオフィスに来たとき、12年前の写真を見せました。「(顎を触って)この時とここが変わったかな。」と笑ってました。まさか本人にこの写真を見せる日が訪れるとは、当時は夢にも見てませんでしたが、不思議なものです。
job
電話が繋がらなかったのは、かけ方の問題ではなかったようです。

事務所では、VoIP電話というシステムを使ってます。「なんのこっちゃ?」って感じですね。

要はインターネットを介した電話です。僕自身、先週知りました・・・。このシステムには、一般電話では出来ない便利な機能がたくさんあるようです。電話での会議なんかも簡単になったとか、海外通話も安くなったとか。グローバル化が進む社会には、必須のアイテムですね。

ただネットの調子が悪いと、たまに回線が途切れることがあります。昨日もきっとその影響です。


それにしても、ようやく仕事の波に乗ってきたという実感が湧いてきました。事務所の雰囲気にも慣れてきて、コミュニケーションがスムーズになってきたからかもしれません。ボスも少しずつ実践的な課題を僕に与えてくれるようになってきました。

自分の言いたいことはしっかり言う。やりたいことはハッキリ言う。認められたら実行に移す。ベンチャー企業はこうでなければ。
2008.01.07 bring it on!
job
ボスからのゴーサインをもらい、いよいよ自分のアイデアを実行に移す段階に入ってきました。

まずは気合入れて第一弾!

と意気込み、ボスが帰った後もオフィスに残って通話を試みたものの、繋がらず・・・。

まずはしっかり電話の使い方を覚えなければならなそうです・・・。汗
2008.01.06 weekend activity
週末はあっという間。調べものと読書です。なんだかインドア街道まっしぐらって感じですが・・・。

まぁそれなりの収穫もあったので良しとしましょう。明日からの週が楽しみです。
2008.01.05 the race club
job
寒さが明けた今日、The Race Clubがマイアミにやって来ました。

The Race Clubは、自分がアメリカに来たひとつの大きな理由でもあったスイミングクラブです。今の事務所に働き始めたことで、一気に身近な存在になりましたが、クラブの本拠地に行く前に会えるとは思っていなかったので、ちょっとラッキー。しっかり練習見学してきました。

リカバリーだったので、物凄い練習をしていたわけではありませんが、ひとりひとりが考えながら泳いでるのが見てとれました。

マネージャーの女性と話していたら、思わぬ展開にビックリ。なんと12年前、フェニックスでのキャンプで同じチームで泳いでた子だったのです。当時の話で盛り上がり、なんだか世間の狭さを思い知ったというか、「ここに戻ってきたんだ」という感覚を覚えました。

こういう再会はそうそう出来るものではありませんが、そういう経験をさせてもらっている自分はつくづく幸せだと思います。でも再会を喜ぶだけではなく、彼らの助けになるサービスをしっかりと提供できるよう、自分なりに頑張らなければという励みにもなりました。

早くThe Race Clubの本拠地にも遊びに行きたいです!
2008.01.03 cold beach
普段は大西洋側からの高気圧に覆われ、冬でも暖かいマイアミですが、昨日今日とカナダからの低気圧に屈し、とても寒くなっています。コートが必要なほどです。

インディアナにいた頃と比べれば、全然寒くないはずですが、慣れは怖いですね。めちゃくちゃ寒く感じます。

普段は賑やかなリンカーンロードのオープンカフェも、昨日今日は閑散としています。人で溢れかえっていた大晦日と元日が嘘のようです。

でも、また明日からは暖かくなるようです。今日はオフィスを出た後、夜になるにつれて暖かくなってくるという不思議な現象も体験できました。低気圧が去っていったようです。

こういう寒さを体験すると、冬の避寒地としてここに来る人が多いのも頷けますね。
何だか寒いマイアミです。いきなり摂氏で一桁台に落ち込みました。でも明後日には再び20℃台に戻るようです。

新年の仕事初め。

上司2人は、フロリダに来ているクライアントに会うため出張。僕はお留守番。新年一発目は、ひとりオフィスワークのスタートでした。

とは言っても、なんだかんだでやることは多く、しっかり働きました。与えられた課題に加え、色々と自分のプロジェクトに必要な情報収集。どんどんアイデアを膨らませていきたいものです。

何はともあれ2008年もスタートです。
2008.01.01 new year
皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

日本から遅れること14時間。アメリカにも無事新年が訪れました。

深夜、South Beachの街に繰り出してみると、クラブもバーもどこもかしこもカウントダウンパーティーが開かれていました。セレブが集まる街としても有名なSouth Beach。年越しでここに来てる有名人も結構いたみたいです。僕もちょっとした有名人カップルを目撃しました。

しかしそんなパーティーを横目に、新年を迎えたのは何故かアイスクリーム屋さん。ここに来てから出来た友達と何となく新年を迎えました。

でもさすがはSouth Beach。新年を迎えると同時に、ビーチ方面から花火が上がり、10分位続いてました。それに合わせてタクシーがクラクション鳴らしてるのが印象的でした。そして年越しももちろん半袖でした・・・。

とまぁ、無事に新年を迎え、その後その友人宅で新春祝いのお酒を。

若者が多い街ですが、ここに来てから出来た友達は大人な人ばかり。でも年齢が離れてても、考え方が若いというか「変わった人」が多く、自分の知らない世界を知ることが出来てとても面白いです。「知らない世界」といっても、変な意味ではないのでご心配なく。

とにかく新しい年のスタート!今年は勝負の年になると思うので、仕事を頑張るのはもちろん、プラス「自分自身の価値を高める」ような働きをしていくつもりです。年が変わったからといって世界が変わるわけではないけど、気持ちは新たに、でも今まで通り「行動第一」で、今年も無我夢中で突っ走りたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。